2年メンテの下調べに行ってきました。

一昨年の10月に完成した川越市のお宅に2年メンテの下調べに行ってきました。 ロブホームではアフターサービスとして完成した住宅の1年後と2年後に無料のメンテナンスを行っております。3年目以降は何かあった場合にそれぞれ個別に対応しております。また10年目にはメンテナンスを実施いたしますが、こちらは有償となります。 1年メンテ、2年メンテはまず私(木村)がお伺いして、生活されてから感じられたこと、良かった点、悪かった点(お施主様と共に一生懸命考えて住まいづくりをしていますが多少はありますね。ただ致命的なことはひとつもありません。)をお聞きして、改善できるところは対応しています。また次のお客様の家造りに反映させていただいております。次にメンテに対するお施主様のご要望をお聞きします。珪藻土の壁の補修、天井のケリーモア塗装の補修、ドアの開閉調整などがありますね。また私はロブホーム の責任者、設計者の目でメンテ個所をチェックしていきます。 木造の建物は動きます。温湿度により木材が伸び縮みするのが原因ですが、珪藻土はその性質上細かいクラック(ひび割れ)を生じます。珪藻土ほどではありませんがケリーモア塗装も同様です。これらの下調べをもとに補修用材料や道具を揃えて職人さん、監督、私で作業にお伺いします。 1年、2年と経過するうちに建物も落ち着いてきますので、動きは少なくなります。3年以降はあまり補修することはなくなりますので、お渡しした補修材料を使用してお施主様ご自身で小さな補修をしていただいております。  今日は、お施主様と一緒に家の中を回りチェックしました。一般的な補修個所の他にこの家ができた年に生まれたJちゃんがつけたという「冷えピタ」の跡や「ボールペン」の跡もしっかりチェックしましたので、きれいにしますよ。 お庭が樹木や草花が成長していい感じになっていたので、写真を撮らせていただきました。 こちらのお宅に実際にメンテに伺いましたら、補修作業の内容や作業風景についてブログに掲載したいと思っています。

2年メンテの下調べに行ってきました。 2年メンテの下調べに行ってきました。 2年メンテの下調べに行ってきました。


関連しているページ



ニュース一覧にもどる
TOP