ロブホーム・リノベ(その1)

ロブホーム・リノベ(その1)

パーゴラの傷んだ木部の修理。

ウェスタンレッドシダーで製作したパーゴラは、19年の時を経て腐食がすすんでいました。

特にパーゴラ柱脚部とコンクリート腰壁の上部は、雨水がさして乾かなかったとみえて腐食が激しい状態です。

最初の設計の時にもっと注意しなければいけなかったところと思います。

今回、柱脚部については柱脚金物PB-33を使用してコンクリート腰壁に固定する方法に改良しました。

これにより雨水がさして木材が腐食することはなくなるので、耐久性が増すと思います。

ロブホーム・リノベ(その1)

ロブホーム・リノベ(その1)

ロブホーム・リノベ(その1)



ニュース一覧にもどる
TOP