モルタル造形で玄関ポーチステップを復元

モルタル造形で玄関ポーチステップを復元

厚さ約3cmの石材で仕上げた玄関ポーチステップの修理工事を行いました。北側玄関の為か表面がザラついて黒ずみ、立ち上がり部は凍害で破損している状況でした。同じ石材が廃番で手に入らないので修理工事にあたっては2つの提案をさせていただきました。1つは現状の石材をすべて剥がして撤去し、新たに厚さ1cmの磁器質タイルで仕上げる方法。もう1つはモルタル造形で現状の質感や風合いを残して仕上げる方法。お客様に2つの案のメリット、デメリット、かかる費用のついて説明し、モルタル造形案でいくことにしました。この方法では、石模様を作業者が表現することになりますから、作業者の腕の良し悪しとセンスで結果が決まります。

修理工事は次の手順で実施することにしました。 ・破損部をハツリして撤去し、モルタルに接着剤を混入して造形する。 ・全体の質感を合わせるため、カチオン系ボンドでシゴキ補修する。 ・2液エポキシ塗料により全体を下塗りする。 ・外部床用塗料により仕上塗装を行う。 ・仕上塗装の際にマーブル模様付けして、石材に近い質感をだす。

結果は写真の通りうまくいきました。堅牢な塗装で仕上げましたので、雨水が浸み込むことがないので凍害もありません。左官と塗装はいつもの職人さんですが、いい感じに仕上がりました。あらためて、いい腕してるなあと思います。費用も磁器質タイル案に比べ約3分の1で済みました。

モルタル造形で玄関ポーチステップを復元

モルタル造形で玄関ポーチステップを復元

モルタル造形で玄関ポーチステップを復元

モルタル造形で玄関ポーチステップを復元



ニュース一覧にもどる
TOP